鳥の診療案内


・来院時の注意点

 ①ケージについて

駐車場が病院に隣接しているため、車で来院される場合は普段飼育されているケージでお越しいただいても構いません。
もし電車で来院されるなどの理由でケージを持ち運ぶのが大変であれば、プラスチックケース(虫かご)にキッチンペーパーを敷いていただくと移動もしやすくおすすめです
空き箱などで来院される場合は、脱走されないよう十分注意してください。

②具合が悪い時
特に羽を膨らませて膨羽している場合は、保温が必要です。
プラスチックケースにキッチンペーパーを敷き、さらにプラスチックケースの外側に使い捨てカイロ等を貼り保温してあげて下さい。
内側に貼ると誤食の危険性があるため避けてください。

③下痢、多尿の場合(尿検査をする可能性がある場合)
尿検査をする可能性があります。敷き紙を敷いていると吸収されてしまい、検査が出来なくなってしまいます。何も敷かないか、ラップを敷いて吸収されないような形でお越しください。

 

・鳥の健康診断について

 ①健診内容について

基本の健診として、身体検査・糞便検査(4種)・そのう検査を行っています。また、ご希望があった場合はPBFDやオウム病といった感染症の検査も行うことができます。

生活環境についてのアドバイスなども同時に行なっていくため、1時間ほどお時間をいただいています。


②感染症の検査について

感染症についてよくわからない、あるいは迷われている場合は念のため便を集めて健診にお越しください。当日獣医師から感染症についての説明を受けた上で、検査を受けるかどうかお決めください。

 

※便の集め方

検出率を上げるためには、複数の便が必要です。当院では5日分以上集めていただくことを推奨しています。1日1つで構いませんので、以下の要領で集めてください。

(1)乾いていない便を1つ、楊枝などですくいあげます。

(2)ラップに包みます。雑に包んでしまうの乾燥してしまうので、ピチッと周りを止めてあげてください。

(3)診察当日まで冷蔵庫で保管してください。

 

※野鳥の診察について

申し訳ありませんが、当院では野鳥の診察は全てお断りしています。

怪我をしている鳥を助けたいという優しいお気持ちは、間違いなく正しいと思います。しかし、野鳥は自然界の生き物です。食べたり、食べられたり。その自然界の法則に我々人間は介入すべきではないと当院では考えています。

また、野生の生き物はオウム病などよく知られている感染症の他にも、未知の感染症を持っている可能性があります。当院は飼い鳥のたくさん集まる場所なので、その子達の命を守らなくてはなりません。

助けてあげたいという優しいお気持ちはとてもよくわかりますが、ご理解いただければ幸いです。

もし怪我をしている鳥獣を保護された場合は、お手数ですが保護された地域の地方自治体等へご相談ください。